均翅亜目  Suborder Zygoptera Selys, 1853

 トンボ目全体の系統分類が見直されたので,本来ならこのページも書き換えられるべきである.日本産トンボ目の系統樹から見ると,ヤマイトトンボ科がアオイトトンボ上科からはずれる可能性が高い.現在筆者には,これら高次分類についての資料が手元にない.したがって,旧来の分類をここでは掲げていることをお断りしておく.

 日本産の均翅亜目 Zygoptera には,7科60種・亜種が含まれている.これらは,カワトンボ上科 Calopterygoidea,アオイトトンボ上科 Lestoidea,及びイトトンボ上科 Coenagrionoidea と,大きく3つのグループに分けられる.

  1. a.結節前横脈は第1次結節前横脈が2本あるだけである.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2.
    b.結節前横脈は第1次結節前横脈,第2次結節前横脈あわせて少なくとも5本以上ある.・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カワトンボ上科
  2. a.第4,5径脈 R4+5 の起点は,結節 N 付近の位置から離れて弧脈 Arc の方によっている.
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アオイトトンボ上科
    b.第4,5径脈 R4+5 の起点は,結節 N 付近の位置にある.・・・・・・・・・・・・・イトトンボ上科

図1.均翅亜目の3つの上科.いずれも前翅.



T.カワトンボ上科 Calopterygoidea

 カワトンボ上科には,ミナミカワトンボ科 Euphaeidae,ハナダカトンボ科 Chlorocyphidae,及びカワトンボ科 Calopterygidae が含まれている.

  1. a.後頭楯が大きく前方に突出していて「鼻高い」.・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハナダカトンボ科
    b.後頭楯は大きく前方に突出しない.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2.
  2. a.四角室の長さが中室の長さより明らかに短い.・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミナミカワトンボ科
    b.四角室の長さが中室の長さとほぼ同じ,またはより長くなっている.・・・・カワトンボ科

図2.カワトンボ上科の3つの科の検索.



U.アオイトトンボ上科 Lestoidea

 アオイトトンボ上科には,ヤマイトトンボ科 Megapodagrionidae 及びアオイトトンボ科 Lestidae が含まれている.
  1. a.黒地に黄褐色の斑紋があり,脚が赤い.オスの腹部第9節背面に棘状の突起がある.
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヤマイトトンボ科
    b.金属緑色,または茶褐色,水色などの色をしており,脚は赤くない.・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アオイトトンボ科

図3.ヤマイトトンボ科とアオイトトンボ科.



V.イトトンボ上科 Coenagrionidae

 イトトンボ上科には,モノサシトンボ科 Platycnemididae 及びイトトンボ科 Coenagrionidae が含まれている.
  1. a.四角室の外側の角度がそれほど鋭い角度になっていない・・・・・・・・・・・・モノサシトンボ科
    b.四角室の外側の角度が鋭い鋭角になっている.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イトトンボ科

図4.モノサシトンボ科とイトトンボ科.


浜田康・井上清,1985.日本産トンボ大図鑑.講談社.
Fraser, F. C., 1957. A Reclassification of the Order Odonata. Royal Zoological Society if New South Wales.


<< 前ページトンボ成虫標本箱リスト次ページ >>