今年は本当にアカトンボに出会えていないので,今日は,サイクリングついでに,いつもアカトンボが憩っている水田地帯の谷へ出かけてみました.もうアカトンボたちもボロボロで末期の状態でしたが,キトンボ,ナツアカネ,リスアカネ,ヒメアカネなどが地面に止まっていました.まだ午前10:00過ぎで,棒の先よりは輻射熱によって暖められた地面を好んでいるようでした.

1101-001

もう一つ,サナエトンボのたくさんいた谷へ行ってみると,アキアカネも複数見られました.兵庫県南部にも少数ですが姿を見せていますね.

1101-002

アカトンボたちの状況を見ていると,いつも遅くまでいるキトンボ,ナツアカネ,アキアカネ以外は老熟しているといった感じに見えました.やはり今年は,気温の低下のせいか,出現が早かったのかもしれませんね.最後に,先日,やはりサイクリングでついでに見に行ったオオキトンボのビデオを紹介しておきます.絶滅危惧種のオオキトンボだけが元気に飛ぶ池です.何か変な感じです.

1101-003
ビデオ:オオキトンボしかいない池(mp4)

ツールバーへスキップ ログアウト