記事一覧

久しぶりに六甲山地にハネビロエゾトンボを見つける /2011.5.28., a.m.

今日は雨.台風も近づいているということで,近隣の地へ幼虫調査に出かけました.そろそろアカトンボ類など,6月に羽化するトンボの幼虫が終齢になるころです.そんな中,コシボソヤンマの終齢幼虫を探そうと,産卵がよく観察されるポイントへ出かけました.コシボソヤンマは見つかりませんでしたが,本当に久しぶりにハネビロエゾトンボの幼虫を見ることができました.

ファイル 259-1.jpg
▲ハネビロエゾトンボの幼虫.終齢4頭の他,F-2齢程度のものが3頭採集できた.

ハネビロエゾトンボは合計7頭採れました.昨年,一昨年と,六甲山地でエゾトンボ類を探していました.ところがまったく見つからず,六甲山地のエゾトンボ類の減少をものすごく感じていました.さらにハネビロエゾトンボに至っては兵庫県下でも出会うことがなく,そんな時に幼虫を見つけたので非常に嬉しく思いました.

ファイル 259-2.jpg
▲ハネビロエゾトンボ幼虫.上は現地で,下は現地でのスタジオ写真.

ハネビロエゾトンボ以外にタカネトンボも入り,エゾトンボ類がまだ六甲山地に生きのびていることを確認できました.

ファイル 259-3.jpg
▲タカネトンボ幼虫.六甲山地.


六甲山地の方に行く前に,タイリクアカネの幼虫を探しに行きました.目当てのタイリクアカネはいませんでした.コシアキトンボ,ショウジョウトンボ,リスアカネ,アオモンイトトンボなどがいました.

ファイル 259-4.jpg
▲リスアカネ(上)とアオモンイトトンボ(下)

そろそろアカネ類も終齢になり始めていますね.