記事一覧

兵庫トンボ研究会調査会(2) /2010.9.26., a.m.-p.m.

さて,今日はいろいろなアカネの産卵を見ることができました.一番数が多かったのは,やはりコノシメトンボでした.

ファイル 210-1.jpg
▲コノシメトンボの産卵.

マユタテアカネは樹林のそばにたくさん集まっていて,林縁の陰の部分で産卵を行っていました.

ファイル 210-2.jpg
▲マユタテアカネの産卵.

マイコアカネも産卵をしていました.こちらは,明るい場所で,例によって大きなストロークで打泥産卵をしていました.

ファイル 210-3.jpg
▲マイコアカネの産卵.下はパトロールするオスの停止飛翔.

ノシメトンボは,午後になってから産卵活動を始めました.今日はまだノシメトンボの産卵活動はあまり見られませんでした.時期的に少し早いのでしょうか...

ファイル 210-4.jpg
▲ノシメトンボの産卵.

そして今日嬉しかったのは,アキアカネの産卵を観察できたことです.以前なら全く嬉しくも何もない状況だと思いますが,なにしろ,アキアカネの数が兵庫県南部で激減していますので,産卵に出会うこと自体最近はほとんどありませんでしたから... 去年も結局兵庫県南部では写真を撮ることができませんでした.

ファイル 210-5.jpg
▲アキアカネの産卵.