記事一覧

川のトンボ調査 -part.1 /2010.5.8., a.m.-p.m.

どういうわけか土日・休日は晴天続き.いささか体力的にきついのではありますが,行けるときに稼ぐのが自然観察の鉄則.今日はたつの市から佐用郡にかけて,川のトンボの調査に出かけました.このブログソフトは写真が5枚しか貼れないので,part.1とpart.2に分けて紹介します.

ファイル 148-1.jpg
▲第一地点:たつの市の川.

今日のターゲットはいちおうホンサナエということにしていましたので,まずはたつの市の川で,堰があって砂がたまっていそうなところに入ってみました.しかしいたのは,川に入る小径にいたタベサナエだけでした.

ファイル 148-2.jpg
▲タベサナエのオス.タベサナエはさすがに成熟していた.

ここで同行の家内が,黒い翅のカワトンボを見た,といったので,アオハダトンボに違いないということでかなり探し回りましたが,結局見つかりませんでした.でもこれが,後でアオハダトンボの発見につながる布石になりました.


さて,少し行ったところに,昔ながらの小川がありました.水もきれいだったので,ここに寄ってみることにしました.

ファイル 148-3.jpg
▲第二地点:たつの市の小川.

川にはいると,サナエが処女飛行に舞い上がりました.羽化しているのですね.一生懸命探してみましたが見つからずにいると,これも家内が発見.羽化直後のダビドサナエのメスでした.

ファイル 148-4.jpg
▲上左:ダビドサナエのオス.上右:羽化直後のダビドサナエのメス.
 下:ニホンカワトンボの未熟オス(左)と未熟メス(右).

かなり成熟したダビドサナエもいました.ニホンカワトンボが結構たくさんいましたが,ほとんどがまだ未熟な状態で,ここでも今年は羽化が遅れているようでした.


ファイル 148-5.jpg
▲第三地点:佐用郡の川とそこにいたシオカラトンボ,タベサナエ.

さて,たつの市を後にして,佐用郡の方に移動しました.佐用郡佐用町は昨年河川が氾濫して大きな被害が出たところです.川には今年もその爪痕はまだ残っていて,ショベルカーが川底をさらっていました.ホンサナエがいそうな砂底はほとんど見あたりません.あちこち動いてあきらめかけようとしたとき,カワトンボがいそうな川がありました.先にアオハダトンボらしいカワトンボを見ているので,川をのぞいてみましたところ.アオハダトンボの姿を確認しました.早速降りて撮影することにしました(part.2へ続く)