今日は,時期的にも天候も,すべての条件が整っていたので,マダラナニワトンボを見に行きました.マダラナニワトンボは,兵庫県で現在知られている生息地が一か所だけになっています.9時前から12時30分頃まで生息地の池で待ちましたが,メスが単独で産卵しているのを一瞬見ただけで,あとは全く姿を見ませんでした.いやはや,激減しているといった印象です.ここにはコバネアオイトトンボもいたのですが,こちらは発見できずじまいでした.あきらめて帰ろうとしたときに,駐車していた車のすぐ後ろに,1頭のメスが憩っていました.

1013-001

これが今日のすべてです.まだ残っていたので少しはほっとしましたが,コバネアオイトトンボの消滅といい,ここもいよいよ末期的な症状が出てきたのかもしれません.今年は特に,兵庫県南部のトンボ観察はいい結果が出ません.9月の報告ができなかったのも実は見に行っているのですが,アカトンボがいないというのが本当のところです.今年は少し早く涼しくなったのが原因でしょうか...最後に憩うマダラナニワトンボのビデオを紹介しておきます.これが兵庫県最後の姿にならなければいいのですが.

1013-002

ビデオ:憩うマダラナニワトンボのメス(mp4)

ツールバーへスキップ ログアウト