今日は朝から青空が広がり,晴の予感.早速キトンボの生き残り調査に出かけました.先日12月16日に行ったのと同じ,サイトB.現地に着いたのは10:10ころ.太陽はさんさんと輝き,池のまわりは陽がいっぱい.早速キトンボを探しましたが全く姿を見せず.外気温は3℃.これではまだ無理かと言うことで,出直し.クリスマスの買い物に付き合ってから12:00前に再び現地に入りました.

池は,先日来の雨で,ますます水かさが増えていて,キトンボが活動する岸辺が,もうほとんど残っていないような状態でした.あちこちを探し回りましたがキトンボの姿はなく,やはり,この数日の寒波の影響,特に昨夜は氷点下3℃の予報でしたので,これで数が減ったのかもしれませんね.それでも,池の畔を歩いていると,1頭だけキトンボとすれ違いました.この個体は止まることなくどこかへ行ってしまいました.その後かなり探しましたが姿は見つからずじまいでした.

ま,そういうことで,今年は年越しは難しいかもしれませんね.16日はたくさんの個体が産卵していたのに,この1週間あまりの間にかなりの個体が数を減らしたようです.また,池の水が増えたことが,キトンボをこの池から遠ざけたのかもしれません.いずれにせよ,まだ1頭だけでもその姿を確認できたので,また暖かい穏やかな日に,確認に来ることにして,そろそろ今年の成虫観察の幕を閉じる時期を決める必要がありそうです.

念のため,帰りに,定点に寄ってみましたが,全くトンボの姿はありませんでした.

ツールバーへスキップ ログアウト