今日は家庭の用事で養父市の方へ出かけることになったので,その帰りに,もう一度黄昏飛翔を見ようと思い,先日の場所へ出かけました.しかし,もう湿地は完全に干上がっていて,林の中の水たまりも,十平米ほどの水たまりを残して,ほぼ乾燥状態でした.

そこで,近くの小さな池の方に回りましたが,この池もほぼ干上がる寸前の状態でした.シオカラトンボ,ショウジョウトンボなどが最後に残された水辺に集まっていました.

またムスジイトトンボとセスジイトトンボも同様に残された水の上を飛んでいました.

池の近くにはウチワヤンマの老熟メスが休んでいました.最近は気温が35℃を越えることは普通で,こんなに気温が上がってしまうと,水の供給が少ない湿地はあっという間に乾燥してしまい,トンボは産卵場所を失ってしまいます.これも温暖化の弊害でしょうかね.

今日はもう黄昏飛翔も見ることなく,帰途につくことにしました.

ツールバーへスキップ ログアウト