記事一覧

自宅羽化ラッシュ(5) /マユタテアカネの羽化 2011.6.29., p.m.

22:00過ぎに,先日6月25日に小野市で採集してきた,マユタテアカネが羽化を始めました.そしてなんと,水没したカメラが「一時的に」復活したのです.一時的というのは,すぐだめになったということですが,...

そこで,水没したカメラが撮影した,十数コマの中から記録を紹介しておきます.私の好きな,腹部を抜く瞬間です.

ファイル 274-1.jpg
▲倒垂型の静止期と,突然起きあがった瞬間.

ファイル 274-2.jpg
▲腹部を抜こうと力を入れている.

起きあがると,2,30秒かけて腹部を抜き去りました.

ファイル 274-3.jpg
▲そしてついに腹部を抜き去りました.

これを書いている現在も羽化は続いています.インターバル撮影の状態にしたまま,今から寝ることにします.

そうそう,復活したカメラ,ストロボの中で光が出て,焦げ臭い匂いがしました.きっと回路の何かが焼けたのでしょうね.そしてファインダーも暗くなりました.プリズムにすすか何かがついたような感じです.もっと乾いてから使ったらよかったかも.でももう今度こそ本当にだめでしょうね.ただオートフォーカスも動きましたので,レンズは生きているかもしれません.このマユタテアカネこそ,本当の断末魔の遺作という感じです.

<その後...>

さて,その後,夜中にもう1頭上がってきて羽化を始めたようです.今度はマユタテアカネのメス.少し支持棒の向こう側に位置したため,写真としてはよくありませんが,肛門水が滴下される瞬間が写っていました.

ファイル 274-4.jpg
▲マユタテアカネのメス.肛門水が写っている.

このカメラ,ストロボが弱ってきたのか,色バランスが崩れ始めたような気がします.カメラの方も壊れラッシュかなぁ.

ファイル 274-5.jpg
▲今日羽化した2頭のマユタテアカネ.左:オス,右:メス.
 後から上がってきたメスがオスを飛ばしたようである.