記事一覧

神戸ブランドのムカシトンボ /2011.5.7., a.m.

姫路市の方でムカシトンボが羽化しているという情報を得たので,今日は,神戸ブランドのムカシトンボを探しに行ってきました.かなり歩かないとたどり着けない場所なので,急坂の登山道でもあり,足がかくかくになりました.現地では約3時間の探索の末,最後にやっと,羽化殻を一つ見つけました.残念ながら羽化している個体には出会えませんでした.

ファイル 251-1.jpg
▲ムカシトンボの羽化殻が着いていた場所(↑).

羽化殻は,水際から約7mほど離れた山の斜面の木の根元に着いていました.初めもう少し水に近いところを探していたので,ここまで移動しているとは,やはり驚きです.

ファイル 251-2.jpg
▲ムカシトンボの羽化殻.

このムカシトンボの生息場所は,上流・下流とも水が枯れて(伏流して)いて,ここだけわき水で常に水が流れているような所です.流程にして100m程度でしょうか.このわき水が枯れたら,幼虫期間5~8年のムカシトンボは絶滅するでしょう.

ファイル 251-3.jpg
▲下流部の枯れた(伏流した)流れ.

幼虫もすくってみました.幼虫はいつもながらかなり簡単に採れました.安定して世代が繰り返されているようです.もちろんすくった幼虫はすべて放流しました.

ファイル 251-4.jpg
▲網にかかったムカシトンボの若齢幼虫たち.

ヒメクロサナエも網に入りました.もうまもなく羽化しそうな雰囲気がありました.

ファイル 251-5.jpg
▲ヒメクロサナエの幼虫.

今年はあと1,2回来てみようと思っています.