記事一覧

シオヤトンボの観察 /2010.5.2., a.m.-p.m.

今日は天気がよかったのですが,まだサナエ類は未熟状態で,生殖活動の観察には少し早いと思ったので,昨日見たシオヤトンボの池へ,シオヤトンボの生殖活動の観察に出かけました.

ファイル 144-1.jpg
▲上3枚:シオヤトンボの成熟オス.
  上・2段目右:静止して探索活動をするオス.
  2段目左:時々飛びながら探索活動をするオス.
 下3枚:シオヤトンボの成熟メス,いずれも産卵途中で休息している.

朝家を自転車で出て,現地についたのは9:30頃でした.もうオスは元気に飛び回っていて,時々追いかけ合いをしながら,メスの探索活動を行っていました.現地についたとたん交尾態になったカップルがいて,交尾終了後すぐに産卵を始めましたが,メスはあまり産卵欲求がないらしく,数回打水して飛び去ってしまいました.こういったカップルが数ペア見られました.産卵行動すらせずに飛び去ってしまうメスもいました.

ファイル 144-2.jpg
▲シオヤトンボの交尾.交尾は結構たくさん見られた.

9:30から10:00過ぎまでこういった状態が続きました.その後,しばらくメスがやってこなくて,オスだけが飛び回っている状態が続きました.11:00頃になると,オスもだんだんと飛ぶのをやめ,止まっている時間が長くなりました.

11:45に,久しぶりにメスが入ってきて,交尾態になりました.このメスは結構長い時間産卵を続けましたが,オスが次々にやってきてメスに飛びかかろうとして,メスは落ち着いて産卵ができません.

ファイル 144-3.jpg
▲11:45頃に入ってきたメス.成熟していて,産卵を続けた.

この産卵を皮切りに,次々とメスが入ってくるようになり,オスによるメスの奪い合いが盛んに行われるようになりました.

ファイル 144-4.jpg
▲次々に産卵にやってきたメス.

メスが水面に近づこうとしたら,そのメスの下側に潜り込み,産卵を邪魔するような行動を取るオスがいました.こういった行動は始めて見ました.オスがまだ若くて元気で,また数もたくさんいるので,メスはオスから逃げながらしばしば静止してオスをかわし,また産卵を続けるといった状態が続きました.下のメスは,途中何度も何度も休憩を取り,産卵を続けました.一番上の休息するメスはすべて,下の写真のメスです.腹部第4節に泥が付いているので,同じ個体だと分かります.

ファイル 144-5.jpg
▲産卵欲求の高かったメス.何度もオスに妨害されながらも,産卵を全うした.

シオヤトンボはあちこちで見られる極めて普通の種類ですが,こうやって,産卵活動が飽きるほど見られる場所はあまり多くはありません.いずれこういった普通種も数を減らす,いやもうかなり数を減らしていますね.今のうちに記録を撮っておきたいものです.