記事一覧

No.037. 20年ぶりの神戸のトンボ調査 (4) オジロサナエ・ホンサナエ探索

ファイル 37-1.jpg
▲かつてこの川にいたホンサナエの幼虫(生態写真)

今日は休みを取って,(1)(2)と同じ川の,別の地点へオジロサナエやホンサナエを探索に出かけてきました.

ファイル 37-2.jpg
▲オジロサナエ調査地点.底が砂礫底で山が迫っている

最初のオジロサナエのポイントでは,川の底石にアオミドロが枯れて茶色になったものが付着しており,状態はあまり良くありませんでした.砂が堆積している場所では,スジエビやシジミ類が見つかりましたので,まだ川はかろうじて生きているという感じでした.ここで見つかったのは,ダビドサナエ2頭とコオニヤンマ1頭だけでした.

ファイル 37-3.jpg
▲調査地で見つかったダビドサナエ(左)とコオニヤンマ(右)

このあとホンサナエの探索のため少し移動し,砂が堆積して,アオミドロが少ないポイントへ入ってみました.目的のホンサナエは見つからず,キイロサナエ1頭,ダビドサナエ2頭,シオカラトンボ1頭がいただけでした.

ファイル 37-4.jpg
▲ホンサナエの調査地点.堆積する砂(左)とキイロサナエ(右)

結果的にはオジロサナエもホンサナエは見つかりませんでした.両種とも神戸市内では見つかりにくくなっている感じです.